予防歯科

予防歯科の大切さ

予防歯科の大切さ全ての患者さまに、治療が終わったら定期的な検診を受けていただく事をお伝えしております。メンテナンスをしっかりしていないと、せっかく治療をした歯が悪くなったり、虫歯や歯周病が再発する危険性があります。
ご自身の歯をいつまでも健康な状態で残し、詰め物や被せ物のある方は長持ちさせるために「予防」はとても重要です。
適切な歯磨きの習慣を身に着けることはもちろん、定期的な検診やプロの手によるクリーニング、歯の質を強くするフッ素塗布によって、お口の健康を守っていきましょう。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略称で、歯科衛生士が専用の機器を使って行う歯のクリーニングのことです。
通常の歯ブラシでは落とせない歯垢を覆う膜(バイオフィルム)を分解し、歯垢・歯石をすっきり取り除けます。
定期的にPMTCを受けることで、むし歯・歯周病リスクを大幅に減らすことができ、口臭や着色も防ぎます。

PMTCの流れ

PMTCの流れ

歯磨き指導

毎日のセルフケアを効果的に行っていただけるよう、お口の状態に合わせた歯磨きの仕方から歯ブラシの選び方までお教えします。歯磨き指導

口腔検査

歯や歯茎など口腔状態を細かに検査します。その他の検査結果と合わせ、一人ひとりに最適な診療計画をご提案します。

スケーリング(歯石取り)

歯石には歯周病の原因となる細菌が含まれています。通常の歯磨きでは絶対に除去できないため専門の器具で徹底的に除去します。スケーリング(歯石取り)

ご自宅で行うセルフケア

歯磨き

歯磨き食後の後は必ず歯磨きを行いましょう。
また、長年使った歯ブラシや自分のお口や歯の大きさに合った歯ブラシではないと歯ぐきを傷つけてしまうなど、逆効果に。当院では、患者さまに合わせた歯ブラシを処方しております。お気軽にご相談ください。

歯間ブラシ・フロス

歯間ブラシ・フロス歯ブラシ後には歯間ブラシやフロスを使用し、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間に付着した歯垢をしっかり落としましょう。
歯間ブラシにもさまざまなサイズがあります。患者さまのお口のサイズに合わせたブラシを使用しましょう。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュブラッシングの最後にマウスウォッシュを使用することによって、口臭だけでなく歯周病や虫歯の進行を防ぐ効果があります。
特に就寝中は細菌が増加しやすいため、寝る前にマウスウォッシュでお口の中を洗浄することをおすすめします。

一番上に戻る
TEL:096-288-1818