口腔外科

口腔外科とは?

口腔外科とは?歯腔外科では、歯や歯ぐきだけでなく、顎・舌・口腔粘膜などお口にまつわるさまざまな症状を診療しています。
「口の中に違和感がある」、「親知らずが気になる」、「顎が痛い、開かない」、「口の中にできものがある」、「転んで口をケガした」など、まずはご相談ください。

このようなお悩みありませんか?

  • 口周りをケガした
  • 舌が痛い、痺れる、違和感がある
  • 口の中にできもの、白いものがある
  • 口内炎が治らない
  • 口を開けると痛い
  • 親知らずが気になる
  • 歯ぎしりを治したい

親知らず

親知らず親知らずの抜歯は、一般的な外科処置となりますが、実は検査、診断をしっかり行う事で痛みや腫れのリスクを軽減できます。
例えば、下の顎の骨の中には太い神経と血管が走っていて、親知らずの歯はこの近くにあることが多いため、抜歯時にどうしても神経に影響を与えるリスクが高くなります。経等を傷つけてしまうとしびれや麻痺が生じることや多量の出血が起こることもありますが、これらは事前に検査、診断をすれば避けられる問題でもあります。
当院では、歯科用CTを導入しておりますので「三次元」で骨や血管の場所等を把握し治療を行っていきます。

親知らずは絶対抜歯しなきゃいけないの?

親知らずでも、真っ直ぐ生えていて噛み合わせに支障がない場合や、しっかり磨けていて虫歯になっていない場合は抜歯をしないケースもございます。
無理に抜歯すると、せっかく綺麗に支えっていた歯並びがバランスを崩す場合もあります。
痛みや腫れを伴ったり、隣の歯の成長を妨げるような生え方をしている場合は抜歯をお勧めしています。

親知らずは絶対抜歯しなきゃいけないの?
親知らずは絶対抜歯しなきゃいけないの?
親知らずは絶対抜歯しなきゃいけないの?

歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしり、食いしばり歯ぎしりや食いしばりでお悩みの患者さまが多く、実はほとんどの方が就寝中に歯ぎしりをしています。強い歯ぎしりを続けていると、歯のすり減り、ヒビ割れ、顎の痛みなどを引き起こし、顎関節症だけでなく、歯の破損部分から入った細菌によって虫歯になってしまうこともあります。
当院では、歯ぎしりから歯を守るナイトガード(マウスピース)を患者さんの歯型に合わせて製作しています。
歯ぎしりをご家族から指摘された方、または起床時に顎が痛い、歯のすり減りがある方は一度ご相談ください。

口内炎

口内炎レーザー治療には、鎮痛・消炎、治癒促進など優れた効果があります。
口内炎もレーザーを照射することで、痛みを和らげ、回復を早めることができます。
食事が楽しめない、なかなか治らないなど、口内炎でお悩みの方は早めの受診をおすすめします。

なかなか治らない口内炎には注意!

口内炎は特に治療をしなくても1~2週間で治りますが、痛みもなくできものがだんだんと大きくなるような場合は、良性腫瘍やガンの疑いもあるので、早めに受診をしましょう。

一番上に戻る
TEL:096-288-1818