入れ歯(義歯)

当院の入れ歯治療

当院の入れ歯治療入れ歯が合わない、すぐにずれる・・・でも入れ歯だからしょうがないと諦めていませんか?
我慢しながら入れ歯を使用していると口腔内を傷つけ、ますます痛みや腫れを引き起こす恐れがあります。
当院では正確な診断、分析を行い患者さまのご要望に合わせた入れ歯の製作を行っています。保険での入れ歯製作にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

メンテナンス

メンテナンス入れ歯にもメンテナンスは重要です。
当院では、定期検診に来て頂いた際に入れ歯の洗浄を行っています。
清潔な入れ歯を保つことによって、せっかく作った入れ歯を長持ちさせることができます。

入れ歯の種類について

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険適用外の入れ歯

保険適用外の入れ歯保険適用の入れ歯は、人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)の素材が樹脂(プラスチック、レジン)のみで、部分入れ歯に必要なクラスプも金属に限られるため、入れ歯の場所によっては他人から気付かれてしまうことがあります。
また、総入れ歯の際には耐久性の問題から床に一定の厚みが必要となります。その厚さが装着時の違和感となり、さらには熱を通しづらいために食べ物の温度を遮断してしまう傾向にあります。

メリット
  • 保険適用となるため、費用を抑えられる。
  • 破損した場合の修理が容易
デメリット
  • 長期間の使用で変色・すり減りが起きてしまう。
  • 比較的、臭いや汚れが付きやすい
  • 一定の厚みが、装着時の違和感につながってしまう。
  • 食事の際、味や温度がわかりづらい
保険適用外の入れ歯

保険適用外の入れ歯クラスプが不要な素材、臭いが付きにくい素材、上部で生体親和性に優れた金属など、ご自身に合った素材を自由にお選びいただけます。
使い心地の良さはもちろん、見た目の美しさも重視することができ、保険適用の入れ歯では避けることのできなかった問題点を解決します。そして床やクラスプに限らず人工歯の素材も選択が可能となり、より自然な見た目になります。
自費診療でしかできない、審美性・機能性にこだわったオーダーメイドの精密な入れ歯を提供します。

メリット
  • やわらかい素材の選択や、金属の素材なら薄くすることも可能なため、装着時の違和感がほとんどない
  • クラスプ(金属の留め具)が無い入れ歯は、見た目も良く気づかれにくい上に、金属アレルギーの心配も無い
  • より本来の歯に近い見た目・機能性が期待できる。
デメリット
  • 保険適用外(自費診療)のため、比較的費用負担が大きい
一番上に戻る
TEL:096-288-1818