ブログ|熊本市中央区の歯科・歯医者|はさま歯科クリニック

  • 熊本市中央区・はさま歯科クリニック・電話
  • 熊本市中央区・はさま歯科クリニック・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

銀歯を白い歯にするならセラミック治療が最適?

2019年10月22日

皆さんこんにちは。

はさま歯科クリニックです。

保険診療の銀歯を入れたあとに、審美面において悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。

銀歯というのは、比較的安価に入れることができるため、経済面においては非常に優れた補綴物といえます。

けれども、金属アレルギーのリスクとなるなど、健康面においてもデメリットのある治療法といえます。

今回はそんな銀歯を白い歯に変えるセラミック治療について詳しくご紹介します。

セラミック治療とは?

セラミック治療とは、お皿に使われているような陶材を用いて、詰め物や被せ物を製作する治療法です。

当院の審美歯科では、銀歯を白い歯にしたいという方に、このセラミック治療をおすすめしております。

天然歯のように美しい

セラミックで作られた人工歯というのは、色や質感、光沢などが限りなく天然歯に近くなります。

しかも、色の調節を行うことも可能であるため、患者さまお一人おひとりの歯の色に合わせた、最適な仕上がりを目指すことも可能なのです。

「噛む」「話す」などの機能も向上

セラミックは単に美しい素材というだけでなく、その滑らかな表面性状や耐久性の高さなどから、「噛む」「話す」といった機能面においても大きな力を発揮します。

つまり、あらゆる面において天然歯に近い性質を持っているといえるのです。

しかも、銀歯とは異なり、金属アレルギーのリスクはゼロとなります。

ただ、被せ物の設計によっては、一部金属を使用することもありますのでご注意ください。

まとめ

このように、「銀歯を白くしたい」方は、セラミック治療を受けることで審美面における問題を解消することができます。

さらには、機能面や健康面においても大きな改善が期待できることから、セラミック治療を受けるメリットは非常に大きいといえます。

そんなセラミック治療は、銀歯と交換するだけでなく、その他いろいろなケースに適応できますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院が実施しているセラミック治療についてさらに詳しくご説明します。