ブログ|熊本市中央区の歯科・歯医者|はさま歯科クリニック

  • 熊本市中央区・はさま歯科クリニック・電話
  • 熊本市中央区・はさま歯科クリニック・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

神経を抜いた歯でもホワイトニングできる?

2019年9月24日

皆さんこんにちは。

はさま歯科クリニックです。

歯の黄ばみや黒ずみを改善する方法として、歯のホワイトニングは有名ですよね。

最近では、多くの歯科医院でもホワイトニングを実施するようになってきましたし、施術を希望する患者さまも増えてきています。

ただ、神経を抜いた歯に対してはホワイトニングできない、と断られた方もいらっしゃることかと思います。

今回はそんな失活歯に対するホワイトニングについて詳しく解説します。

ホワイトニングは神経が生きた歯に有効?

多くの歯科医院で行っている歯のホワイトニングは、基本的に神経が生きていることが前提条件となります。

当院でも実施しているオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがそれにあたり、生活歯に対する漂白という意味で「バイタルブリーチ」と呼ばれることもあります。

ですから、外傷や虫歯によって神経が死んでしまった歯に対しては、ホワイトニングすることができないのです。

一方、神経が死んでしまっている失活歯に対しては、「ウォーキングブリーチ」という有効なホワイトニング法があります。

ウォーキングブリーチってなに?

ウォーキングブリーチとは、神経の失活による歯の変色を改善することができるホワイトニング法です。

本来であれば、歯を削って白い被せ物をするなどの対応をとらなければ、改善することが難しかった変色も、このホワイトニング法であれば白くすることができるのです。

具体的には、歯の中に薬剤を注入することで、ホワイトニング作用が徐々に浸透していくのを待つ施術法です。

一般的なホワイトニング法とは異なり、外から施術する必要がないため、普段の生活を送りながら歯を白くすることができます。

「ウォーキングブリーチ」という不思議な名前もそこに由来しているのです。

まとめ

このように、歯の神経が死んだ歯であっても、ウォーキングブリーチ法であれば着色や変色を改善することができます。

当院でも行っているホワイトニング法ですので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

ウォーキングブリーチについてさらに詳しくご説明いたします。